ワイキキ・ショア ペントハウスに感激

2017年9月ハワイ

アラモアナからJCBカードを提示してピンクラインで帰ってきました。
グーフィーに向かう時、トロリーバスの2階に行きたがっていた夫にすぐに降りるから1階でいいよと言ったので(結局反対方向に乗ってすごく遠回りして長いこと乗ってた)、今度は2階に行ってみようとなりました。

けど実際はアラモアナから3つ目の停留所なので慌ただしくバタバタと降りることになりました。ごめんね、夫。

降りたところは朝乗ったサラトガ通り(トランプ・ホテル)。
右側の細い建物がキャッスル ワイキキ ショア ビーチフロント コンドミニアムズ。
左側はアウトリガー リーフ ワイキキ ビーチ リゾートです。

ワイキキ ショアはワイキキビーチフロントに建つコンドミニアムです。
2013年に父、弟、娘、妹夫婦たちと利用しました。

エンバシースイーツ(利用したときの記事はココ)とどちらにするか迷いましたが、夫は外食もあまり好きではなく、部屋飲みを好むタイプなので、キッチン付きの広い部屋、海の見えるラナイがあるワイキキショアなら、ビールでも飲みながらまったりと久々のハワイを楽しめることが出来るのではとワイキキ・ショアに決めました。

1ベッドルーム・デラックス・オーシャンビュー・スイートを2月にBooking.comから予約しました。

メールに記載されていた金額は、US$1,771.20。
13.96 % の税金別、1回の滞在につき156.25US$の清掃料金別、1回の滞在につき26.04US$のサービス料別って予約完了のメールに記載されています。最終的にいくら支払ったかはまたのちほど。

1階のフロントでチェックインを終えて渡された部屋の鍵は1506、ラッキーなことにペントハウスでした。
高層階をリクエストしたけれど、こんな素敵な部屋を用意してくれていたなんて、びっくり。

ヒルトンハワイアンビレッジが正面に見えるので金曜日の花火は部屋から見られるね。

目の前に広がる水平線。

キッチンの窓からはダイヤモンヘッドが見えます。

ドアを開けるとこの景色。

毎日このダイヤモンドヘッドが見られるなんて夢のようでした。

海に続く通路。一番端まで行くのはちょっと怖い。もちろん行って写真撮ったけど。

キングサイズベッドが一台。

大きなテレビ。
リモコンの使い方がどうしてもわからなく何日かはみることができなかった。

このソファーを引き出してベッドにします。

大きな冷蔵庫は製氷機付き。食器や調理器具などは一通り揃っています。

電子レンジ。

ベッド横にある洗面所とシャワーブース。
ハワイはウォシュレットが設置されているトイレはまだ少ないのかな。

2つ目の洗面所。

こちらも浴槽はないシャワーブースでした。

洗濯機と乾燥機。
部屋の中にあるととても便利、何回か使用しました。

歓迎?の虹。

ラナイから見るサンセット。
センセット見ることが出来たのは結局この日だけ。

この時間帯は外にいることが多かったです。

ハワイ初日が暮れていきました。

公園側の灯りもきれいです。



初日の晩ご飯はロイヤルハワイアンセンター フードコート

初日は機内の疲れが出たのか少し部屋でくつろいでいたら20時になってしまい、ご飯を調達しにロイヤルハワイアンセンター フードコートに行ってみることにしました。

Pearl’s Korean BBQ(パールズ・コリアンBBQ)
カルビプレート 18.85$

Sbarro Italian Eatery(スバロ・ピッツァ)
夫はピザがいいって。

注文間違えて3ピースも買っちゃった。約15$